30代からでもバストアップは可能なのかどうか?

30代からハリのある胸を目指す!

 

バストアップ方法 30代,30代 バストアップ方法

女性にとって、20代から30代への変化って大きいですよね。

 

高齢出産化が進んで、今では30代で出産が当たりまえになってきましたよね。

 

女性の社会進出も進み、30代になると中間管理職でストレスに悩む女性も多いと思います。

 

独身の女性は、まだまだこれから!と言いつつも、密かに恋愛への不安を抱く、30代は女性にとって一番繊細な時期。

 

だからこそ、自分に自信を持って生きていきたいですよね。内面はもちろん、外見だってキレイなままでいたい!

 

しかし、ふと見下ろすと、「あれ?こんなに胸下がってた?」そう、バストの変化も見逃してはいけません。

 

そこで、今回は下がってきたバストに張りを取り戻し、前よりも豊かな美乳を手に入れる秘訣をご紹介します。

 

30代の女性の胸に影響を与えるものとは?

 

バストアップ方法 30代,30代 バストアップ方法

30代の女性のボディに影響を与えるのが「出産」「ストレス」です。

 

出産やストレスによって、女性ホルモンの乱れが生じやすいのがこの時期。

 

若年性更年期障害なんて言葉も聞いたことが多いですよね。女性ホルモンのひとつ、エストロゲンは女性らしさを作る働きを持つホルモン。

 

バストを張りのある豊かなものにするのも、このホルモンの役割です。そのエストロゲンの分泌が減少してしまうとバストは張りを失ってしまいます。

 

そこで、自分で出来る一番簡単な方法が食事改善です。大豆の含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン様の働きをすることは有名ですよね。

 

他にも女性ホルモンの働きを助ける栄養として、亜鉛やマカ等が挙げられます。それらをバストアップサプリメントで摂取することも有効な手段の一つです。また、食事の中で植物性タンパク質を多く摂取しましょう。

 

大豆は畑のお肉と呼ばれ豊富なタンパク質を含んでいるので、大豆製品を積極的に食事に取り入れましょう。

 

胸が垂れないようにするためには?

 

バストアップ方法 30代,30代 バストアップ方法

何故タンパク質を取らなければいけないのか?それは、筋肉を増やし、維持するためです。

 

バストは大胸筋という筋肉が基盤となって、筋とつながるクーパー靭帯が乳房を支えています。

 

30代になり、徐々に筋肉の衰えを感じる機会が増えてきますが、大胸筋だって例外じゃありません。

 

大胸筋が衰えることがバストの下垂の大きな要因なんです。だから、タンパク質を摂取し、筋肉を作りやすい環境を整えたうえで、筋トレやストレッチをしましょう。バストアップ エクササイズも効果的です。

 

簡単なものは、手を胸の前で合わせ、息を吐きながら押し合います。これを全力で7秒間行いましょう。出来る時に数セット、体と相談しながら行ってくださいね。

 

30代は、マイナスの変化もあるけれど、経験を積んで内面も成熟し、もっとも女性らしく強くなれる時です。あきらめずに、自分のなりたい自分を目指して頑張っちゃいましょう!

 

バストアップ方法 TOPページへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る