お灸で女性ホルモンの分泌を促す!

バストアップ ツボ お灸

ふっくらとしたマシュマロのような胸を目指して、毎日マッサージやバストアップストレッチを行っている女性も多いと思います。

 

一生懸命していても、なかなか胸が大きくならないと悩んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

マッサージやサプリメント、ピーチアップやグラマーなど、これまでいろんなものを試してみたけど効果がなかったという方は、一度お灸を試してみてはどうでしょうか。

 

2つのツボを温めて女性ホルモンを活性化!

 

バストアップ ツボ お灸

お灸というとリラックスだったり、体調を整えるためのもので、バストアップとまったく関係がなさそうな気がしますよね。

 

しかし、私たちの体には無数のツボがあります。

 

そのツボを、お灸などで温めることによって、体調を整えたり病気を予防したりできるのはもちろん、女性ホルモンの分泌を活性化してくれるとも言われています。

 

そのホルモンのツボを温めれば、胸を大きくする効果が期待できるかもしれません。それが、血海と三陰交というツボです。

 

これらは、昔から生理不順や冷え性の改善に効果があると言われてきました。ですので、この2つのツボを温めることで、女性ホルモンの分泌を促すことが期待できます。

 

お灸とは一体なに?

 

バストアップ ツボ お灸

そもそもお灸は、東洋医学では「気・血・水」という、生命活動に必要な部分が弱った時に出るのがツボで、ここを刺激することによって、むくみやストレス、不眠、冷え性の改善に効果があると言われているものです。

 

これらの身体の症状は、バストアップとは切ってもきれない関係があるため、体調を整えておくことが胸を大きくすることへの近道だと言えます。

 

これらから分かるように、身体の美は内側から治していくことが大切だと思います。

 

内臓の働きお肌の状態女性ホルモン代謝などは、表面的なものでなんとかしようとしてもなかなかうまくいきませんよね。内側から全身のリンパや、血行の流れをよくしていくことで、健康な体つくりをしていくことが一番重要です。

 

バストアップと言えば、豊胸手術などもありますが、お灸などで女性ホルモンが活発化し、お肌もつやつやになるなど、自分の内側からきれいになって魅力のある女性を目指したいですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る