注目のバストアップ成分アディフィリンとは?

バストアップジェル 成分 アディフィリン

バストアップ関連のボディ用クリームやジェルは、数多く販売されています。

 

どの商品も、バストアップに効果のある成分が数多く含まれていて、選ぶのに迷ってしまいますね。

 

高い効果を求める一方で、副作用があるのかとても気になって・・・と、迷っている方も多いのではないでしょうか?

 

バストアップ効果の高い成分には、副作用を伴うものも中にはあります。長く使い続けるためにも、効果と安全性の高い商品であることはとても重要です。

 

アディフィリンとはどういった成分?

 

バストアップジェル 成分 アディフィリン

そんな方々の中で、最近高い人気を集めているのが、セルノートというバストアップジェルです 。セルノートは、その使いやすさと効果の高さとともに、高い安全性が人気を集めているようです。高い安全性の秘密は、アディフィリンという成分。

 

アディフィリンは、スぺインの会社が開発した成分です。アディフィリンを塗った部分のみ、脂肪組織のボリュームが増えるという特徴を持っています。

 

つまり、アディフィリンをバストの部分に塗ると、バストの部分の脂肪組織のボリュームが増えるのです。

 

バストアップ効果の高い成分といえば、プエラリアやイソフラボンなどがとても有名ですよね。

 

プエラリアやイソフラボンの違いについて

 

バストアップジェル 成分 アディフィリン

これらの成分とアディフィリンの大きな違いは、ホルモンの分泌に作用するかしないかという点です。

 

プエラリアやイソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を促進させることにより、バストアップを含めた女性らしいボディーラインを理想的な形に近づけます。

 

効果的な服用法であればよいのですが、より早く理想の体型に仕上げたいために多量に服用してしまうと、ホルモンバランスに乱れが生じてしまい体調を崩す原因になることがあります。

 

これに対して、アディフィリンは塗った部分の体脂肪を増やすのです。

 

女性ホルモンの分泌ではなく、体脂肪自体に作用することで、副作用は認められないのだそうです。

 

実証されているアディフィリンの高い効果について!

 

バストアップジェル 成分 アディフィリン

アディフィリンの高い効果は、スペインで開発段階で行われたグループテストからも証明されています。

 

グループテストの方法は、25歳から40歳の女性を2つのグループに分け、片方のグループにはアディフィリンが2%配合されたクリームを、もう片方のグループにはアディフィリンを含まないクリームを、1日1回バストに塗ることを56日間続けて塗って、その比較を調べるというものでした。

 

結果、アディフィリンを含んだクリームを使用したグループの脂肪増殖と、アディフィリンを含まないクリームを使用したグループの脂肪増殖には大きな差がついたそうです。

 

倍にして換算すると、なんと約30倍なのだとか!この実験データからも、アディフィリンが高い効果を持っていることが実証されますね。

 

脂肪増殖に大きな働きを持つ成分としては、ボルフィリンも有名ですね。ボルフィリンは、ユリ科のハナスゲの実から抽出される成分です。

 

ボルフィリンにも、脂肪を増殖させ蓄積させる働きを持ちます。もちろんボルフィリンは天然成分です。つまりアディフィリンは、ボルフィリンと似たような働きを持つ人工的に開発された成分なのです。

 

効果の高さと安全性の高さをあわせもつ成分をお探しであれば、アディフィリンが配合した製品をお探しになられてみてはいかがでしょうか?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

アディフィリン関連ページ

ヒアルロン酸