脂肪注入法で自分の脂肪を胸に移植!

脂肪注入法,豊胸手術 脂肪注入法

豊胸手術といっても、たくさんの方法があります。その中の一つに、脂肪注入法という手術があります。

 

これは、太ももなどの自分の脂肪を胸に移植するという手術です。もちろんお腹の脂肪でも大丈夫です。

 

1度の脂肪注入で、0.5カップ〜1.5カップ大きくなれると言われています。この方法のメリットは、なんといっても柔らかく自然な胸が手に入るところでしょうか。

 

また、異物をいれるわけではないので、レントゲンをとっても分かりません。

 

更に、その効果は半永久的とも言われています。メスを一切使いませんので、傷口も小さく、他の部位の脂肪を減らすので、メリハリのついたボディになれます。

 

最近は脂肪注入法の種類が増えてきました!

 

脂肪注入法,豊胸手術 脂肪注入法

昔は、あまり胸を大きくすることができなかった方法だったようです。

 

ただ脂肪を注入するだけだったため、ほとんどが体に吸収されてしまったようで、形も崩れやすかったと言われていました。今では脂肪注入法と言っても様々な種類があります。

 

それは、別の部位から採取した脂肪は多くの不純物を含んでいるため、しっかり取り除いてから胸に注入するんだそうです。

 

その不純物を取り除く方法によって、種類が分かれるそうです。例えば、遠心分離法コンデスリッチピュアグラフトなどがあります。

 

コンデンスリッチ法とはどんな施術方法?

 

脂肪注入法,豊胸手術 脂肪注入法

コンデンスリッチ法とは、脂肪を濃縮する方法で、不純物が遠心分離器によって取り除かれているので、しこりが少ないと言われています。

 

しかし、今新たに注目されているのが、幹細胞豊胸手術です。脂肪に幹細胞と血小板を追加して注入する方法なのですが、これまでの脂肪注入法とは全然違うと言われています。

 

再生医療を取り入れており、脂肪の生着率が非常に高いと言われています。血小板に含まれている成長因子が、新しく血管を作ってくれるため、脂肪の定着をサポートし、バスト全体に栄養がいきわたる画期的な方法です。

 

いずれにしても単に胸を大きくしたいというだけではなく、手術後の自分を想像しながら、お医者さんにどんな形の胸が理想なのかをしっかりと話してくださいね。

 

自分に自信がついたら、とっても素敵な女性になれますので、ぜひ気になった方はカウンセリングに行ってみてください。

 

バストアップサプリメントランキング TOPページヘ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る