女性ホルモンは多ければ良いというわけではない!

女性ホルモン 多い方が良い,女性ホルモン 多い

女性らしい豊かなバストと、柔らかい曲線を描く身体や、滑らかなお肌、キレイなお肌に欠かせないのが女性ホルモンになります。

 

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの主に2種類のホルモンが絶妙なバランスをとって、保たれているのです。

 

これらのホルモンの働きは生理の周期と関係があり、排卵期を境にして卵胞ホルモンと黄体ホルモンが入れ替わります。

 

女性ホルモンのなかでもエストロゲンは女性らしい身体を作り、美肌や美しい髪をつくるので美容ホルモンとも呼ばれています。

 

女性のバストアップにも、このエストロゲンに似た大豆イソフラボンが含まれるバストアップサプリメントなど、多く目にする事がありますよね。

 

女性ホルモンの減少が原因となる更年期障害などの治療にも、ホルモン治療が行われたり、エストロゲンを補う事で辛い症状が緩和したりするので、アンチエイジングにはエストロゲンは効果的だと言われますよね。

 

女性ホルモンのエストロゲンが多ければ良いわけではない!

 

女性ホルモン 多い方が良い,女性ホルモン 多い

女性ホルモンのエストロゲンが多ければ多いほど良いのかというと、答えは以外にも「NO」です。

 

エストロゲンは増えすぎると乳がんや子宮体がん、子宮内膜症、子宮筋腫になる確立がとっても高くなってしまうのです。

 

更に排卵のリズムまで乱れてしまい月経が不規則になって、妊娠しにくくなってしまうという事もあるのです。

 

乳がんになると、エストロゲンを抑制する治療などが必要になってきますので、更年期に似た症状が出てくるので体調管理も大変なんですよ。

 

逆にすごく痩せている女性は、脂肪細胞から分泌されるエストロゲンが少ないので、排卵や月経のリズムが乱れてしまうのです。

 

女性ホルモンはまずはバランスがとっても重要だと言う事であり、美容のために女性ホルモンを増やせば何でもよいと言うものではないのです。

 

女性ホルモンバランスは本当にデリケート!

 

女性ホルモン 多い方が良い,女性ホルモン 多い

女性ホルモンは本当にデリケート、仕事が不規則だったり、夜間勤務などで昼夜が逆転してしまったりしていると、たちまち女性ホルモンのバランスは崩れてしまうのです。

 

過度なダイエットで必要な栄養を摂取しなかったり、強いストレスに晒されている事で自立神経が乱れてしまいます。

 

自立神経が乱れると男性ホルモンが増えると言われており、勿論女性にも男性ホルモンがあり、男性にも女性ホルモンはあるので急に毛が濃くなったとか、ヒゲが生えてきたなんて悲しい事になりかねないんですね。

 

自立神経の乱れとホルモンバランスって、密接に関係しているのです。

 

規則正しい生活とバランスの取れた食事、ストレスを溜めない事って本当に大切なんです

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る