授乳している方に多い乳腺炎について!

おっぱいの病気 乳腺症,おっぱいの病気 乳腺炎 予防方法

乳腺炎はみなさんご存じですか?この症状は、授乳中のママがかかりやすい病気だと言われています。

 

症状には、胸が腫れたり、しこりができて、とても痛かったりすると言われています。

 

痛い思いをせずに、赤ちゃんにおっぱいをあげれたら一番いいですよね。

 

この乳腺炎の予防方法を知っておけば、これから出産をする女性たちのサポートにもなりますので、ご紹介していきますね。

 

授乳している方に発症しやすい乳腺炎とは?

 

おっぱいの病気 乳腺症,おっぱいの病気 乳腺炎 予防方法

乳腺炎ですが、乳房にある乳腺に母乳がたまってつまってしまう炎症と、細菌がおっぱいに入り込んで乳腺が炎症を起こす細菌感染と2種類あると言われています。

 

どちらも痛みが伴うので辛い症状なのですが、授乳をしているママさんたちの2〜3割の方が発症すると言われている、産後一番悩む病気です。

 

授乳中は、必要な栄養を赤ちゃんに分け与えているわけなので、頻繁にお腹がすきますよね。さらに疲れもたまります。気づいたら豚カツやから揚げなど、高カロリーな食材を食べていたりしていませんか?

 

母乳は、ママさんの血液からできています。脂肪分の多い食事ばかりを食べてしまうと、血液はドロドロになってしまいます。

 

乳腺炎にならないように予防する方法とは?

 

おっぱいの病気 乳腺症,おっぱいの病気 乳腺炎 予防方法

それが乳腺が詰まる原因にもなってくるので、バランスの良い食事が必要になってきます。

 

特に、葉酸カルシウムビタミンDなどは積極的に摂取した方がいいと言われています。

 

例えばフルーツのキウイや、牛乳などですね。

 

しかし、いくらカルシウムを摂りいれたいからと言って、乳製品を過剰に摂取するのは、逆に母乳を詰まらせる原因にもなりますので、注意してくださいね。

 

また、水分をたくさん補給することも必要です。水分は不足して血液がドロドロになってしまうと、やはり母乳も詰まりやすくなってしまいます。

 

おっぱいの病気 乳腺症,おっぱいの病気 乳腺炎 予防方法

便秘対策も兼ねて、普段より多めに水分補給をした方が懸命です。

 

リンパの流れをよくするマッサージも効果的です。婦人科などで出産後、先生から指導があるかとは思いますが、是非マッサージも取り入れてみてください。

 

このように、日頃から予防しておく必要がありますが、なかなか産後は時間が無いですよね。

 

できるものから始めてみてください。この予防が原因で、ストレスになってしまったら逆効果ですので、自分の出来る範囲のものだけでもいいと思いますよ。

 

プエラリア効果 TOPページヘ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る