乳腺症を予防する方法とは?

おっぱいの病気 乳腺症,おっぱいの病気 乳腺症 生活環境

女性なら、なかなか人に言えない悩みはあると思います。

 

特に胸もそうではないですか?たとえば触ってみたらしこりが・・・、生理前になると張ってすごく痛い・・・など、いろいろな悩みがあると思います。

 

このような症状があれば、乳腺症の可能性が高いと言えます。

 

乳腺症は、病気ではありません。生活環境や加齢とともに、女性ホルモンが乱れることによって起こる症状です。特に、30代〜50代の方に乳腺症が多いと言われています。女性は30代後半から、徐々に女性ホルモンのバランスが乱れ始めます。

 

エストロゲンの分泌量があまりにも多くなってしまうと、乳腺症を発症しやすく、乳房が痛くなったり硬くなったりすると言われています。痛みやハリ、しこり、などの症状が主な症状です。

 

また、同じような症状に乳腺炎がありますが、何が違うのかというと乳腺炎は授乳中の方が発症するものです。そこに大きな違いがあります。

 

乳腺症は自分でケアできるって本当?

 

おっぱいの病気 乳腺症,おっぱいの病気 乳腺症 生活環境

乳腺症を発症してしまっても、実は自分でケアすることができるんですよ。一番大切なのは、ホルモンバランスを整えることです。

 

規則正しい生活を心がけることが大切ですので、生活習慣をみなおしてみてください。また、ストレスはやはりホルモンにとって天敵です。

 

ストレスをためずに十分な睡眠を確保することで、症状を和らげることができると言われています。しかし、できれば発症せずに予防したいですよね。実は、あまり明確な予防法はないと言われています。

 

ただ、カフェインや脂肪分は控えめにしておいた方がいいと言われています。これなら普段の食事を改善することでなんとか予防できそうな気がしますよね。

 

おっぱいの病気 乳腺症,おっぱいの病気 乳腺症 生活環境

乳がんの定期検診を受けておくと、乳腺症の発見にもつながると言われています。触診マンモグラフィ超音波など様々な乳がん検診がありますので、ぜひ定期的に受けることを忘れないでくださいね。

 

やはり早期発見のためには、クリニックや病院での検診が必須だと言えます。

 

早いうちから習慣にしておけば苦にならないと思うので、自分の健康維持のためにもぜひ実施してください。

 

おっぱいの病気 ページへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る